C大阪の府立病院が求める看護師像

ある大阪の府立病院の看護部の理念は「人の心を大切に信頼される看護を行う」「安心で安全な看護を行う」「自己研磨に励み看護のレベル向上に努める」となっています。
そして、この病院が求める看護師像の1つ目は「患者の人格を尊重し患者個々のニーズに応じた質の高い看護サービスを提供できる人」、2つ目は「看護専門職として自己能力の開発ができる人」、3つ目は「職場に於ける役割を認識し組織の一員としての責務を果たすことができる人」となっています。そして、この病院ではこれらの理念や病院が求める看護師を育成するために、人材育成・安全管理・患者サービス・看護の質の4つのテーマを掲げ、各テーマ毎に3〜5の委員会を作り現場の看護師の参加の下で活発な活動を行っています。そして、新規採用看護師については、入職時にクリニカルラダーと看護師到達度チェックリストを用いて採用看護師のレベルが4段階に分けられ、レベルに応じて教育を担当する委員会と教育担当者が決められています。教育内容は技術研修・基礎看護セミナー・フォローアップ研修・看護研究などとなっており、水準の高い新規採用看護師教育のカリキュラムが用意されています。
従って、このレベルの病院への転職は容易ではないことが想像されます。

Copyright(c) 病院が求める看護師の条件 All Rights Reserved.