D地方の県立病院が求める看護師像

ある地方の県立病院が求める理想の看護師像は、「看護管理者」と「看護のジェネラリスト」と「看護のスペシャリスト」の3つです。そして、「看護管理者」になるには人材育成能力と経営能力などの組織管理能力が必要で、「看護のジェネラリスト」になるにはリーダーシップ能力・管理能力・専門的能力などの問題解決能力が必要で、「看護のスペシャリスト」になるには専門的知識と技術能力などの教育研究能力が必要だとしています。その為には各看護師に「組織人としての能力」と「キャリア形成の基礎を築く能力」と「看護実践能力を発展させる教育」が必要としています。
この病院では一人ひとりのキャリアアップを支援するために次の様な支援や派遣研修・研修会の開催を行っています。各種学会研修会への参加支援・通信大学大学院への進学支援・長期派遣研修・県立病院看護職員合同研修・施設内看護職員研修などです。
従って、このレベルの県立病院への転職を希望する場合は、少なくとも「組織人としての能力」と「キャリア形成の基礎を築く能力」が求められると考えられます。少なくともこの2つの能力が備わっていないと、この県立病院でのキャリアアップ教育について行けない可能性があるからです。

Copyright(c) 病院が求める看護師の条件 All Rights Reserved.