F地方の中規模病院が求める看護師像

ある地方都市の内科・消化器内科・外科・循環器科・呼吸器科などを持つ中規模病院では、次の様な看護師像を描いています。
看護の高い専門性が求められている今日、地域住民から選ばれる病院となるために目指す看護師の1つ目はおもてなしの心を持つ看護師で、自分の持てる力を最大限発揮し患者の思いを汲み取りより良い状況にするため支援できる看護師です。2つ目は社会人としてのマナーを身につけている看護師で、より良い人間関係を作る社会人としてのマナーや病院の一員であるという自覚を持って仕事ができる看護師です。そして、3つ目は自己教育力のある看護師で、自分自身を客観的に見つめ不足していることや弱点を学び向上できる看護師です。目指す看護師の4つ目は自分自身の考えを持ち協調性のある看護師で、自己の看護観や判断力を持ち相手を受け入れ協働できる看護師です。5つ目は専門職業人として自律している看護師で、進歩発展する医療に貢献できる様に常に学び続け看護師として社会から求められている役割を知り変化に対応できる看護師です。
この地方の中規模病院に客観的に言える事は病院が求める看護師像に対するレベルは非常に高いものがありますが、この病院の看護師のレベルアップに対する研修体制は整っていないということです。

Copyright(c) 病院が求める看護師の条件 All Rights Reserved.